So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

安曇野・犀川・白鳥湖 その2 [野鳥]

白鳥湖と呼ぶからには
白鳥がいるのだろうと
鴨の群れている池から離れ
犀川をのぞくと
やっぱり白鳥がいた。
やっぱり、大感激
あっちにも
こっちにも
白鳥
じっとしている奴
羽ばたいている奴
歩いている奴
ああ、ここは餌場ではなく
休息場所なんだ

DSC_0418白鳥湖_R.jpg

DSC_0289オオハクチョウ2羽_R.jpg

DSC_0049白鳥_R.jpg

DSC_0219オオハクチョウ_R.jpg

DSC_0221オオハクチョウ_R.jpg

DSC_0303オオハクチョウ_R.jpg

DSC_0537オオハクチョウ_R.jpg

DSC_0544オオハクチョウ_R.jpg

DSC_0562_01オオハクチョウ飛翔_R.jpg

DSC_0575オオハクチョウ飛翔_R.jpg

DSC_0579オオハクチョウ飛ぶ_R.jpg

DSC_0585オオハクチョウ飛翔_R.jpg

DSC_0602オオハクチョウ_R.jpg

DSC_0603オオハクチョウ飛翔_R.jpg

DSC_0610オオハクチョウ飛翔_R.jpg

短い時間だったけど
白鳥との出会いを
十分堪能し
奈川へと帰りました。
nice!(0)  コメント(0) 

安曇野・犀川・白鳥湖  その1 [野鳥]

冬の信州
久しぶりの冬の長野
スケジュールは一杯
冬のアルプスを見たい
久しぶりにスキーを楽しみたい
雪に残した動物の足跡を追ってみたい
木曽の宿場町を歩きたい
BASEでイタリアンを食べたい
安曇野の冬を楽しみたい
道祖神を巡りたい
拾ヶ堰を歩いてみたい
そして犀川の白鳥湖を訪れてみたい!!
そして白鳥湖で白鳥を撮ってみたい
あれも、
これもと
欲張った夢
安曇野で思い切り楽しんだ後
最後に訪れたのは
犀川
白鳥湖
道を間違え
苦労して辿りついた白鳥湖は
素晴らしいところ

DSC_0037オナガガモ_R.jpg

DSC_0041オナガガモ_R.jpg

DSC_0236オナガガモ_R.jpg

DSC_0238オナガガモ_R.jpg
オナガガモ

DSC_0168ホシハジロ・キンクロハジロ_R.jpg

DSC_0278キンクロハジロ・ホシハジロ_R.jpg

DSC_0132ホシハジロ着水_R.jpg
ホシハジロ、キンクロハジロ混群

白鳥湖に多くの人がいましたが
大阪と違うのは
カメラマンの数より
家族連れの数の方が多かったこと。
餌やり禁止の看板もあったけれど
誰一人、餌を与えようとする人がいなかったことが印象的
写真を撮ろうとする目的のためには
手段を選ばない一部の大阪のカメラマンの
ような人がいないのは非常に居心地が良い
やっぱりレンズを通してでなく
生の眼で
自然と野鳥と接する
これが基本だと改めて感じた時間でした。
nice!(0)  コメント(0) 

冬のアルプス [山岳]

年末年始は久しぶりに
冬の信州に行って来ました。
スタッドレスタイヤを新調したおかげで
難所の境峠も快適にスイスイ

奈川高原の小屋に到着して直ぐに
スキー場に出かけ
ゲレンデの外にある林道を
登って来ました。
動物の足跡を追いかけ
膝まで雪に埋まりながら歩くのは
しんどいけれど
とても楽しい

DSC_0689_01乗鞍岳_R.jpg
乗鞍岳

DSC_0728御嶽山_R.jpg
御嶽山

DSC_0673穂高連峰_R.jpg
西穂高・奥穂高・前穂高岳

雪に覆われた
山々
眺めているだけで
心洗われます。
nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの野鳥撮影 [野鳥]

野鳥撮影を始めて13年目に突入、
といってもこの所、ぜんぜん野鳥撮影に行っていない。
関心の眼の大半が、登山とトレーニングに向いていることが
大きい
もともとアウトドアスポーツを趣味にしていたのが
病気で運動出来なくなり
太陽光を浴びるために
始めた野鳥撮影
運動できる体に回復した今
アウトドアスポーツに戻るのが自然なのかもしれない。
そして、年齢的にも
北アルプスに登れるのは、あと数年のこと
そう思うと、
毎朝5時半ごろから約5kmの坂道を含めたランニング(高低差 約60m)
と下半身中心の筋トレに力が入る。
とは言っても
10年以上も続けた野鳥撮影
珍鳥のニュースには関心がないけれど
日常的に目にする
野鳥さんには愛着がある
同じ時間、同じ空間に生きているって言う
連帯感がある。
トレーニングにちょっと疲れた今日
会いに行ってきました。

DSC_9749ジョウビタキ♀_R.jpg
ジョウビタキ♀

DSC_9769ホオジロ♀_R.jpg
ホオジロ♀

DSC_9772ツグミ_R.jpg

DSC_9791ツグミ_R.jpg
ツグミ

DSC_9811モズ♀_R.jpg
モズ♀

え~、撮ったのは
みんな♀やないか
すきやな~! って!?
えへへへへ!!
nice!(0)  コメント(0) 

交野の紅葉 [風景]

新聞に星田の紅葉の記事が出ていた。
このところ、久しぶりに出かける予定のスキーや
来年のGWの登山のためのトレーニングに
追われ、野鳥撮影どころか
自然の中に出かける事さえ稀になった日常生活
紅葉の記事に釣られた妻の言葉に
急遽、星田園地に出かけることにした。

s-P1010013ボルダリング.jpg

入り口のクライミングウォールで登っている男性
もたもたしてると思ったら、
あはっ!
目の前で墜落ぶら下がり
・・・
若い頃、毎週一度は岩登りの練習に
京都や兵庫の岩場に通ったものだけど、
現在主流のボルダリングは
違う、まるでサーカスだ。

s-P1010016星のブランコA.jpg

s-P1010035星の園地紅葉.jpg

s-P1010051星のブランコ.jpg

星のブランコに初めて渡った
景色がよくて、紅葉が綺麗で・・・

双六岳から帰ってから
初めてのハイキング
紅葉と
目の前に落ちてくる
枯れ葉

気持ちが喜びで
高まる

s-P1010061岩船滝.jpg

ハイキングの最後に、白龍の滝と磐船神社に寄って
私市の駅まで歩きました。
楽しい晩秋の一日。

nice!(0)  コメント(0) 

餌付けた野良猫を捕獲した。 [動物]

我が家の狭い庭に、猫が毎日”糞”をするようになった。
3年前の事である。
犯人の姿を見てみたいと、
4年半前に亡くなった、我が家の飼い猫の遺した餌を庭に置いて
調べてみると3~4匹の猫が庭に出入りしていることが分かった。
最初に見つけたのが”おじゃみ”と名づけたお世辞にも可愛いといえない猫
次に黄色っぽい毛をした”黄無地”
そして濃いチョコレート色のとら猫”おこげ”
他にも姿を見せる猫はいたが
毎日通ってきたのは彼らだ。
飼い猫でなく、野良猫か地域猫のようで
僕を見ても”にゃ~”と啼く事はない。
僕の姿を、見ると直ぐに逃げるのだが
”おこげ”だけは餌をやり始めて数ヶ月が経つ頃から
逃げずに”シャ~”と威嚇しながら
寄って来るようになった。
そして、我が家の庭は
”おこげ”のテリトリーになったのか
毎日、朝晩決まった時間に現れるのは”おこげ”だけになった。
餌を容器に入れるとき
相変わらず”シャ~!”と威嚇し
近づき過ぎると、”猫パンチ”を繰り出してくる。
おかげで、数回指を切られ、血を吹きました!!(笑)
この、”おこげ”が2匹の子猫を連れてくるようになったのは
二年半前のことです。
おこげは♂猫ですが
連れて来たのは♀の子猫です。
最初に来たとき、まず自分が餌を食べ
そのまま帰っていきました。
次からは、まず自分が食べ
次に子猫に餌を食べさせていました。
その間は、”おこげ”はガード役で外敵を見張っていたのです。
数日後に連れてくる猫は一匹だけになりました。
自分がまず餌を食べ
食べ終えると、子猫に食べさせる
そのうちに、先に子猫に餌を食べさせ
自分は後から食べるようになったのです。
”完全に育メン猫”やな~
僕は、感心し
子猫に”ことら”と名づけ
二匹に餌を与え続けました。
そのうち、”おこげ”はあまり姿を見せなくなり
”ことら”が一匹で来ることが多くなりました。
もちろん珠に、二匹で訪れてきたり
”ことら”が餌を食べている所に”やって来たり”
・・・
そんなある日、”おこげ”が
やって来て、家の中に上がり
僕の前にずっと座ったのです。
僕には分かりました。
別れの挨拶に来たのだと。
”ことら”のことを頼みにやって来たのだと・・・・
案の定、それ以来
”おこげ”は僕の前から姿を消しました。
そして僕は
”おこげ”の願いを適えるべく
”ことら”の捕獲を考えたのです。
まず、捕まえたときに慣れるまで暮らしてもらう
猫ケージをつくりました。
二年半前のことです。
そして、捕獲を試みたのですが
僕は大きな間違いを犯しました。
”ことら”のスピードとパワーを過小評価していました。
いったん押さえつけ捕まえたものの
逃がしてしまったのです。
もう来ないと思ったのですが
”ことら”には餌場が他所に無い様で
我が家には毎日現れました
でも、警戒心が強くなってしまって
捕獲なんて考えられる状態ではなくなったのです。。
そして月日が経ち
”ことら”も子猫から大人の猫になりました。
黒猫のボーイフレンドも出来たようです。
僕も捕獲のことは、もう諦めかけていました。
でも、
最近、餌場に大きな雄の猫”灰とら”が現れるようになり
”ことら”が怖がるようになったのです。
ボーイフレンドの黒猫も
この灰トラにやられたのかどうかは分らないのですが
胴体に大きなケガをしてしまいました。
その日、”ことら”が食事中
”灰とら”が現れ、
ことらは家の中に上がり込み避難して来ました。
このチャンス、見逃すはずはありません。
僕は入り口を閉め
家の中に閉じ込め
”ことら”をケージに誘導しました、
・・・・
こうして、”ことら”を捕獲したのですが。
”ことら”は慣れてくれません。
脅えた顔で僕を威嚇するばかり・・・
心を開いてくれるまで
何年かかるやら・・・・
捕まえて一週間経ち
やっとノミ、しらみ退治の薬を塗ることが出来ました。
いつワクチン注射に動物病院に連れて行けるやら。
毎晩毎晩
”ことら”は啼きわめき
そして、僕は
猫の糞尿の世話としつけに追われます
睡眠不足になりました。
でも、”おこげ”との男の約束です。
”ことら”はやく
心開いてくれ!!
楽しく家の中を
はしゃぎまわって
くれる日を楽しみに・・・
何年でも、待ってるぜ!!


P1010341ケージ_R.jpg

P1010337ことら_R.jpg

P1010339ことら_R.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

信州/木祖村・薮原の隠れ家レストラン(イタリアン)バーゼ(BASE) [その他]

かって宿場町だった木曽路は木祖村・薮原
に、とっても美味しいイタリアレストランがあるという
噂を聞いたのは
もう何年も前のことだ。
何度も探したのだけれど見つからない
それでも、去年
やっと見つけた。
見つけられなかったのは、運悪く週二回の
定休日の日だったからだけれど、
それにしても隠れすぎだ。
隠れ家レストランでなく
隠れすぎレストラン
なんせ店の前に来ても
分からないのだから

P1010248Base案内看板_R.jpg


P1010208 BASE入り口_R.jpg


P1010098 入り口厨房_R.jpg


P1010209Base_R.jpg


妻とは2回目に来た時
定休日だったが
庭に居合わせた他人にそこが
隠れがレストラン・バーゼだと教えてもらった。
3回目に来た時、パンを買い
ランチの予約をすることが出来た。
そして初めて訪れたのが、今年の盆休み
次に訪れたのが、この秋
の事である。
本当はランチのコースでなく
ディナーのコースがいいのだけれど
イタリアンといえばワインが飲みたくなる
奈川からでは約30分のドライブとなるので
飲酒運転は出来ない。
ということで
ランチをコースで予約
僕は別段グルメでもないし
食べ物にこだわる訳でもないが
ちゃんとした料理に向き合うには
コース料理にかぎる
単品という職人技でなく
コース料理ということになれば
料理人に失礼であってはならないし
ちゃんと料理に
その空間と時間に向き合わなくてはならない
肩が凝るのだけれど
信州の片田舎で、非日常的なときを持つのは
悪くない。

P1010215 Base内部_R.jpg

P1010060BASEテーブル_fi_R.jpg

建物の内装は
とてもシンプルである。
テーブルも過度の装飾が抑えられた
シンプルなもの
そして、部屋にある窓
それは額縁のようになっていて
外の景色が見える
その風景は、取り立てて言うことのない平凡な
特色のない田舎の景色である。
これがいいのだ
この”ありのままさ”が
平凡さが
チルチルミチルの青い鳥のように
味わいのベースになっている。

P1010216生ハム_R.jpg

P1010219レバーとパン_R.jpg

P1010221パン_R.jpg

P1010223ニョッキ_R.jpg

P1010227肉とパスタ_R.jpg


P1010228虚無僧ダケとパスタ_R.jpg


P1010238デザート_R.jpg

P1010240カプチーノ_R.jpg


ランチのコースは3種のパスタが出てくるのだが
どれも美味しい
出てくる順番も素晴らしい
場所、インテリア、風景、料理の素材、調理、接待etcの
心地よい統合
”生きてるって事は、いいもんじゃな~”
心から思える時間だった。

nice!(0)  コメント(1) 

初秋の小池新道を行く (槍ヶ岳-穂高岳を眺める) [山岳]

台風一過の晴天を狙って、小池新道から双六岳(2860m)に登って来ました。
槍ヶ岳を見るために・・・
実は一番好きな山は槍ヶ岳なんです。
学校の行事で、高校1年のとき槍沢から、2年のときは飛騨沢から
槍ヶ岳に挑戦し、
1年のときは悪天のため殺生小屋で3日間缶詰になり、その後下山
2年のときは槍ヶ岳に無事、登頂し、
その後、西鎌尾根を下って双六岳に上ってから
小屋に宿泊しました。
双六岳に登るのは
そのとき以来です。
槍ヶ岳はそれがきっかけで
一番好きな山になったのですが
本格的に山登りを始めてからは
槍なんていうと、ミーハーに思われると思い込み
ずっと隠してきました。(笑)

登山再開のきっかけとなった剣岳には好き嫌いという感情ではなく
熱い想いだけがあるのだけれど・・・

さて、双六岳から槍を眺めたとき
高校時代の甘い想いが、込み上げて来た
・・・ということは無く
刻々と変わる
風景の雄大さ、美しさに
心を打たれ
ここまで登ってきた嬉しさに
思わず Berg Heil !!と叫んだのです。
昔、登ったことのある山を眺め
これまでの人生を”かみ締めようよう”なんて
年寄り臭い考えから再開した登山」なんだけど
そんな考えは吹っ飛び
眼の前の山の姿に感動し
嬉しくて、嬉しくて 感じる
自然への畏敬の念
・・・・・
白馬大雪渓を登ったときにも感じたのだけれど
僕の気持ちは
現役の登山者に戻ったようだ。

そんな気持ちが嬉しくて
山を眺めていることが


楽しくて
楽しくて
仕方ありませんでした。

毎朝5kmの坂道ランニングと
筋トレ
それに、最近知った”くねくね体操”
ずっとずっと続けてきた甲斐がありました.

P1010137双六平_R.jpg
双六台地からの槍ヶ岳

朝小屋を出たとき、前夜の嵐はまだ完全には収まっていなくて
登るかどうか迷ったが
天気予報を信じ
深いガスの中、双六岳に登った
一瞬、ガスが切れ
槍がその姿を見せてくれた。

DSC_9356槍穂連峰from双六岳_R.jpg

DSC_9375双六岳から槍穂連峰_R.jpg

双六岳の頂上についた時
ガスに包まれ、何も見えなかったが
ガスが晴れるまで、ずっと待った。
その甲斐あって
まもなくし、槍穂の山並みが姿を現す。

DSC_9252槍ヶ岳西鎌尾根チングルマ_R.jpg


P1010089_01弓折岳分岐より_R.jpg


P1010125北鎌尾根_R.jpg


DSC_9415槍ヶ岳ナナカマド_R.jpg


DSC_9442槍ヶ岳_R.jpg


P1010200鏡池_R.jpg


P1010202鏡池_R.jpg

夕焼けや、朝焼けにこそ
恵まれなかったけれど
この秋の山行で
現役の岳人として
蘇ったような気が・・・・
次は、来年のGW
雪の剣か、鹿島槍が見てみたい・・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

白馬大雪渓 [山岳]

盆休み、念願の白馬大雪渓を、登ってきました。
およそ40年ぶりです。
後立山連峰の白馬エリア・・・・
小学生の頃、親父に連れられてスキーに来たのは白馬八方尾根だったし
山岳部入部後、直ぐの春山合宿で雪上訓練を受けたのも白馬だった。
その後、白馬岳には何度も何度も登った。
おまけに、学生時代には白馬岳頂上の白馬山荘で夏の間バイトをしたこともある。
けれど
結婚後、とある理由から
白馬岳周辺への立ち入りを妻から禁じられたのである。
我慢の甲斐あって、妻の怒りも薄れて来たのであるが、
去年の秋は、天気が悪く、おまけに残雪が少なく
クレバスだらけになって
白馬大雪渓の通行が禁止
願いは適わなかったのである。
しかしながら、この夏、遂に念願を果たすことが出来た。

白馬岳大雪渓
日本3大雪渓の一つなのだが
近年、地球温暖化の影響か
雪の量が激減し雪渓もだいぶ小さくなってしまった。
この分では、秋の通行禁止が常態化するかもしれない。
GWは、雪崩と落石の危険が大きい。
ということで、なんとしてでも
この夏
登ってみたかったのである。

P1010014白馬尻_fi.jpg
白馬尻の小屋

白馬尻について驚いた。
雪渓が遥か上で終わっているではないか。
8月の中旬なら、小屋のずっと下まで繋がっていた筈なのに。
一昨年の剣沢大雪渓でも感じた温暖化の影響

P1010020大雪渓start_fi.jpg

s-P1010031クレバス_fi.jpg

DSC_9076クレバス_fi.jpg

DSC_8902大雪渓を行く_fi.jpg

DSC_8923大雪渓1_fi.jpg

白馬尻から約30分登った場所から
雪渓に下りる
アイゼンを嵌め、歩き始める
伝わってくる雪の感触
嬉しい、たまらなく楽しい
巨大なクレバスの横をすり抜け登る

DSC_9031白馬大.2号雪渓_fi.jpg

DSC_9022大雪渓_fi.jpg

DSC_9051大雪渓_fi.jpg

DSC_8950大雪渓_fi.jpg

DSC_8968杓子岳_fi.jpg

一歩一歩、足を踏みしめ
その感触を楽しみながら
ゆっくりと歩く
至福の時間だ
この喜びのため、早朝
毎日トレーニングをしてきたのだ。

DSC_8986大雪渓ネブカ平付近_fi.jpg

P1010023大雪渓_fi.jpg

一瞬、ガスが切れ
山が姿を現す。
その明るく輝く光景
思わず我を忘れ
嬉しさで叫びたくなる。

DSC_8990大雪渓上部_fi.jpg

DSC_9000大雪渓上部_fi.jpg

DSC_9016山女子_fi.jpg

P1010028上部_fi.jpg

晴れ間は、ほんの一瞬
大雪渓を
次々と
登山者が登ってくる。
僕は登ってくる人たちを見ながら
Berg Heil!!と叫んでいました。

nice!(1)  コメント(2) 

早苗田の野鳥 [野鳥]

田植えの終わったばかりの田圃(早苗田)に野鳥がやって来る。
この季節の米作日本の原風景である。
アマサギの姿は見えなかったが
カルガモやアオサギ、ケリが迎えてくれた。
見慣れた光景
それが妙に嬉しい

DSC_8273早苗田カルガモ_fi.jpg


DSC_8285早苗田カルガモ_fi.jpg


DSC_8295早苗田カルガモ_fi.jpg

カルガモ

DSC_8311早苗田アオサギ_f.jpg


DSC_8332早苗田アオサギ_fi.jpg


DSC_8346早苗田アオサギ_fi.jpg

アオサギ

DSC_8397ツバメ_fi.jpg

ツバメ

DSC_8420眞田田ケリ_fi.jpg


DSC_8438早苗田ケリ_fi.jpg

ケリ

DSC_8648タマシギ♂_fi.jpg


DSC_8727タマシギ_fi.jpg

タマシギ♂
前の10件 | -