So-net無料ブログ作成
検索選択

Catch&eat 淀川の稚アユ [その他]

高度成長期の河川の水質汚濁
子供の頃から釣りに慣れ親しんできた僕が
渓流での岩魚やアマゴ以外の淡水魚の釣りを
止めたのは
猪名川水系や武庫川水系で釣り上げた魚のほとんどが
”奇形魚であった”といういう経験をしたからである。
キャッチアンドリリースという釣りのスタイルでなく
キャッチアンドイート ”釣ったものは食べる
というのが僕の子供の頃からの基本的なスタイル。
それだけに
汚水の中で育った
有毒成分の含まれた
魚は食べれない=釣れない
淀川の魚なんて・・・とても
そう思ってきたのだが
野鳥撮影を始めてから
毎年5~6月頃に
サギが魚道で稚アユを食べているのを
発見してしまった。
調べてみると、淀川の水質も改善され
稚アユの遡上が復活していたのだ。
魚道でサギの捕食シーンを撮影しながら
稚アユが捕まるたびに
”わしも食いたい! 稚アユ わしも食いたい”と
心の中で叫んでいたのです。
稚アユは子供の頃
親父に連れられて大和川やその支流石川で
毛ばりを使って魚籠いっぱい釣り
天ぷらにして食べたものです。
その美味しかった記憶が蘇ります。
淀川河口部ではアサリも獲れ
食用にされていると聞く
食べても安全かも?!
安全なんや!?
こうなると
釣りたくて
釣りたくて
食べたくて
食べたくて
辛抱たまりません。
という訳で上州屋で擬餌針を買って
釣りに行って来ました。
本当は毛鉤で釣りたかったのに
置いておらず
稚アユ用の擬餌針を買いました。
撒き餌も置いてましたが
こんなもん使ってはいけません。
川の水質悪化の原因にもなるし
アユは内臓を裁かずそのまま食べるのが基本
キャッチアンドイート派は
自分の食べる分だけ釣れば
充分なんです。
さて早朝の30分
釣ってきました。
稚アユと稚ハス(オイカワ)が混じっています。
さっそく油で揚げて
食べました。
美味い!!
35年ぶりの事です。

DSC_4145稚アユ.jpg


DSC_4149稚アユ.jpg


DSC_4157稚アユ.jpg
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

はまちゃん

お久しぶりです。夜鳴猫さんが釣りをされるとは存じませんでした。小生も多少やるので、興味深く拝見しました。最近よく小鮎を釣っている人をみけていたので、わくわくしていました。てっきりハエだと思ってたら小鮎だったのでなおさらでした。
by はまちゃん (2016-06-13 06:55) 

夜啼猫

おはようございます。
釣りに行くのは久しぶりです。野鳥撮影をする前は主に海釣りをしていました。
相棒が会社をリストラされ、私も関節の膠原病で竿が持てなくなり釣りを諦めた経緯があります。(今は症状が治まっていますが)
釣りは子供の頃から毎週行っていて、近くの大和川や石川、ため池や、古墳の堀は絶好の釣り場でした。
もともと淡水魚の釣りが好きだったので、淀川で稚アユの遡上があり、食べられると知ると辛抱できません。
by 夜啼猫 (2016-06-13 08:11) 

通りすがり

鮎は釣って喰らいセッカの給餌撮影は駄目っでが
万物の命を喰らう人間の薄っぺらな記述は如何な
物かと存じ奉りますぅ。身の程を知覧利根顎は駄目

                         奔邪魔化
by 通りすがり (2016-06-18 09:34) 

夜啼猫

通りすがりさん こんにちは
”何を言いたいのか、さっぱり分からない”のですが、ともかくコメント有難うございます。
アユを釣って食べる事と、セッカの給餌活動(たぶん雛に餌をやるための給餌活動のことを言っているのだろうと思いますが)どこで結びつくのかさっぱり分かりません。
植物を除く全ての生き物が、他の生命を食らって生きている。この冷厳とした事実。この事実に畏敬の念をもっ生きていきたいものです。
”セッカの親鳥の子育てのための給餌”を撮影することは、セッカの子育て放棄につながる行為であり僕はそれに批判的です。
そのどこが薄っぺらなのでしょうか?
恐らく、ブログの断片だけ見て
内容と意味を理解せず
言葉の意味も取り違えて
書き込みをしたのでしょうが、薄っぺらな内容のない批判は単なる中傷でしかないのですよ。
もう少し、国語能力を身に着け
生き物が生きている意味を考え
人間の文明というものを見つめ直し
そのうえで自身の考えを持ってから
コメントし直してください。
その時は前向きな討議をしましょうよ
楽しみにしています。

明頭来 明頭打
暗頭来 暗頭打
四面疎来 旋風打

by 夜啼猫 (2016-06-19 11:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0