So-net無料ブログ作成
検索選択

バーミアン(アフガニスタン) [西南アジア一人旅]

カブールからバーミアンへ向かうバスは混雑していた。
前の方はヨーロッパからの旅行
後ろの席はアフガニスタンの人たちで占められていた
バスはカブールの市内のバス停を何カ所も経由してバーミアンに向かうのだが
運転主の隣の席が常に空いていた。
とある停留所でヨーロッパ人の若い女性が
その席を使わせろと言い出し、同調した欧米人が口々に運転手に文句を言い始めた。
”ここは、予約席だ!”運転手は答えたが
欧米人の旅行者達は騒ぎ始め、最初の若い女性が客席のほうに向かってアジリ始めた。
白人たちの拍手と歓声
バスは騒然となった。

”You European Shut up!!  ヨーロッパ人黙れ!!
You must obey Afuganisutans rule and manner!! お前らアフガニスタンのルールとマナーを守れ!!
We Japanease obey     ここはアフガニスタンやぞ! 
because Here is Afuganisutan    ヨーロッパでも、アメリカでもないんや!
Not Europe! Not America!"   日本人は従うぞ!

外国へ来てまで、勝手なことをいう欧米人
思わず僕は叫んでいた。
アフガニスタンの人々から
巻き起こる歓声
こうして騒ぎは収まり
僕は後ろの方の席に向かい容れられ
何事もなかっように
バーミアンに向かってバスは走った。

想いは時を超え
アレキサンダー大王の時代へ
ガンダーラの時代へ
蒙古帝国の時代へ
多くの民族の戦いの歴史
蹂躙され続けたアフガンの地
・・・・・
目の前に広がるのは
荒涼とした大地
僕はただ
バスの外を
見入るのみだった。

バーミアン遠謀trm..jpg

1978年3月 共産党によるクーデターはまだ起こっておらず。
それを契機とした、その後のアフガニスタンの激動は知る由もない。
バーミアンの石像・大仏がタリバーンによって破壊されるなんて・・・・

バーミアンの光景は
荒涼としていて美しく
ここが天竺だったんだと僕は確信した。

バーミアン子供trm..jpg

バーミアン商店trm..jpg

荒々しく無骨で精悍なアフガニスタンの人たち
でも、子供や小鳥を見る眼差しはとても優しい
バーミアンの商店の人たちも
都会の人と比べると表情は
とても穏やかであった。

バーミアン大仏1978trm..jpg

バーミアン大仏19782trm..jpg

小高い丘から眺める
バーミアンの大仏
11世紀に偶像崇拝を禁止するもイスラム教徒によって顔面が
剥ぎ取られたという
仏教が消えた後は偶像としての意味はなく
遺跡として保存されていた。

バーミアン大仏19784trm..jpg

バーミアン大仏19785trm..jpg

近くから見る大仏は大きく
威厳があり
ただ圧倒されるばかりであった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0