So-net無料ブログ作成

チュウシャクシギ [野鳥]

最近、CanonNewFD500mmF4.5の使用頻度が少なくなった。
理由はAF精度の問題であるのだけれど
ピントが合った場合の解像度は素晴らしいものがある。
そこで、昔も試みたことがあり
多分失敗したのであろうAFの精度向上の
試みを行ってみた
といっても信号経路の問題は測定器の問題と
視力の衰えから来る配線を点検する煩わしさ煩わしさ
から
レンズの合成F値を下げる事によって
AF精度をあげるという方法
簡単に言えば
挿入凸レンズをより焦点距離の短いものに変える
主レンズとのレンズ間距離を縮める
という方法
を試みた
室内でのテストではOKだったのだが
さてフィールドでは
チュウシャクシギ相手に
試してみたのだが・・・・

DSC_2907チュウシャクシギ_f.jpg
   

DSC_2789チュウシャクシギ飛翔_fi.jpg


DSC_2712チュウシャクシギ_f.jpg


DSC_2761チュウシャクシギ_f.jpg


DSC_2450チュウシャクシギ飛翔_fi.jpg


DSC_2455チュウシャクシギ飛翔_fi.jpg


DSC_2456チュウシャクシギ_f.jpg

う~ん!!
AFの迷いは少なくなったが
解像度の低下が顕著
これだったら
NikonAF300mmF2.8Dの方がAFが早いだけましだ
やっぱりCanonNewFD500mmは以前の状態で使ったほうが
良さそうだ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0