So-net無料ブログ作成

モズ [野鳥]

桜もちらほら咲き出して
もう春たけなわ
でも、何か忘れたものが
春が来る前に
どうしても撮りたかったものが・・・
冬になると撮るのが楽しみだったものが・・・

撮っていない
撮れていない

冬のモズ!!
冷え冷えとしたとした荒れ地で
たくましく生きる
冬のモズ

春よまだ来ないでくれと
叫んでも
もう三月も末

どこや、どこに冬が残っている
まだ緑の視得ない場所は
どこ?

というわけで枯れ朽ちた葦原に
モズを探して来ました。
季節は春
とはいうものの
冬枯れの景色

いいじゃんか!!

DSC_1850モズ♀_f.jpg

DSC_1857モズ♀_f.jpg

DSC_1898モズ♂_fi.jpg

DSC_1903モズ♂_fi.jpg

DSC_1912モズ♀_fi.jpg

DSC_1932モズ♀_fi.jpg

スモモの園の野鳥 [野鳥]

春先は気温の変動が激しく
珍しく
風邪をこじらせてしまいました。
熱は高く
鼻はズルズル
充血した眼に
目ヤニがたまり
無残な有様
もう一週間以上もこの状態
こうなりゃ逆療法
ゆっくり風呂に入り
布団を天日干し
そのあと自転車にまたがり
都市公園に野鳥撮影
この時期は李の花が咲いている筈
案の定
スモモの園は
花満開
甘党のヒヨドリ君やメジロさんが
訪れて
食欲を満たしておりました。

DSC_1319李ヒヨドリ_fi.jpg

DSC_1325李ヒヨ_fi.jpg

DSC_1341李ヒヨドリ_fi.jpg

ヒヨドリ

DSC_1534李メジロ.jpg


DSC_1601李メジロ_fi.jpg


DSC_1638李メジロ_fi.jpg


DSC_1655李メジロ_fi.jpg

メジロ

DSC_1615李シジュウカラ_fi.jpg

シジュウカラ

左岸の紅マシコ他 [野鳥]

季節は”すっかり春めいて”
心ウキウキするので
紅マシコでも撮ってみようと
河川敷にやってきました。
案の定、紅マシコはあちらこちらに
現れるものの
すぐに姿を隠す。
邪心満々、撮る気満々
こちらの気持ちはすっかり覚られ
おまけに紅マシコには
サービス精神というものがない。
今日も坊主かと諦めかけたが
出合頭
やっと撮影できました。

DSC_1017紅猿子♀_fi.jpg

DSC_1032紅猿子♀_f.jpg

DSC_1074紅猿子♀_f.jpg
紅マシコ♀


DSC_1222紅猿子♂_f.jpg


DSC_1270紅猿子♂_f.jpg
紅猿子♂

そのほか

DSC_1140jジョウビタキ♀_fi.jpg
ジョウビタキ♀

DSC_1171ツグミ_fi.jpg
ツグミ

作ろうか・・・・(レンズ改造の構想) [機材]

DSC_0125ジョウビタキ_fi.jpg
ジョウビタキ♀

DSC_0951シメ.jpg
シメ♀

野鳥撮影でAFやセミAF に慣れてくると、MFが煩わしくなる。
そして焦点距離のより長いレンズが欲しいという要求が湧いてくる。
本来が自作マニアの僕には、危険な兆候だ。
この性癖の暴発を抑えるため
僕は3つの制約を課している。

1、出来るだけ手持ちのパーツを使うこと。
2、汎用部品の組み合わせor改造で組み立てること。
3、分解、組み立て、改造のために専用工具を購入したり、使ったりしない

それでもCanonNewFD500mmをマイクロフォーサーズに接続して
より超望遠を得たいという要求が強くなる
だって、この前までオリンパス PL5をつけて
合成焦点距離(35mm換算)1000mmで撮っていたんだから

僕はマイクロフォーサーズのレンズは14-42mmF3.5-5.6Ⅱしか持っていない。
PL5を買ったとき付いていたやつだ。
ある時、このレンズをCanonNewFD500mmの改造に延長リングとして
使っている57mmφの延長リングに合わせてみると
いい具合にすっぽり収まるではないか。
僕は驚き喜んだのだが・・・

このレンズをAFのメカに利用するには大きな困難がある
1、全玉はずし これが一番いいのだが、僕はメカや電子パーツを傷つけないで分解する自信がない。
2、前玉はずし、合焦レンズに焦点距離のかなり短い凹レンズが必要となり解像度の大幅低下が予想される。

さてどうするべ、望遠系のズームがあれば2の問題は解決するのだが、投資効果があるのやら

ここで思い出したのが、昆虫写真家海野和男さんの望遠レンズの前玉はずしによるマクロレンズ化の記事
早速、このレンズのレンズ構成を調べてみた。
おう!、前玉が凹レンズ系ではないか
つまり、前玉を外せば14-42mmより短い焦点距離の凸レンズとなる、光路長の変化からそのままマクロレンズとなるに違いない。
ネットで調べると、これをマクロレンズとして使った昆虫写真家がいた。
しかもレンズの分解の仕方も記載している!!
等倍以上の接写が出来るのだ。

これで、CanonNewFD500mmレンズを使ってマイクロフォーサーズボディーを使ってのセミAF化の可能性が生まれた。
尤も、問題点がある。
これまでの改造は既存レンズの焦点距離のうちにレンズを入れていたのだが
今回の構想では焦点距離の外に入れることになる
つまり光学的にはCanonNewFD500mmレンズの結んだ実像を接写することになるのだ。
だから、発生する問題は
カメラのセンサーに結ぶのは上下左右が反転した像となる事だ。

これは使いずらいだろうな~
カメラのヴューファインダーに像の反転機能があればいいのだけれど
あ~あ!!
作ろうか、止めとこうか!
レンズ一本しか持ってないもんな~





キジ [野鳥]

久し振りにカワセミでも撮ろうと
市民の森に出かけたが
大外れ
カワセミは姿を見せない
池の水が多すぎる
農業用水用に、池の水量を増やしているところだそうだ。
水の量が多いと
カワセミの餌となる小魚の
集まるポイントが拡散してしまう。
シャッターを一枚も切ることなく、公園を後に、
せっかくの休日
これでは終われない
昼食後、自転車にまたがり
河川敷に
何の成果もなく
すごすごと退散しようとしていると
二羽のキジが・・・
背景が悪いけど
夢中になってカシャッ、カシャッ

DSC_0878雉_fi.jpg

DSC_0898雉_fi.jpg

DSC_0923雉_fi.jpg

DSC_0882雉_fi.jpg

都市公園のアオバト [野鳥]

都市公園のアオバトを
毎年一回撮りに行く。
午後に出て来るという話を聞いていたので
2時過ぎに家を出て都市公園に・・・
常連さんの多くのカメラマンがいたが
3時を過ぎると三々五々
帰っていった。
現場に残ったのは4人のみ
諦めムードが漂うころ
突然3~4羽のアオバトが舞い降りてきた。
わずか数分間の間だったけれど
待った甲斐があった。

DSC_0759アオバト♂_fi.jpg

DSC_0771アオバト♀_fi.jpg

DSC_0798アオバト♂_fi.jpg

DSC_0840アオバト♂_fi.jpg

Windows10 勝手にインストールされちゃった!! [機材]

DSC_7861シオヤアブ_fitrm.jpg
大きなシオヤアブに、ちっぽけなヒラタアブが抱きかかえられ
口吻を突き刺され
体液を吸われています。
ああ~こわい!


先日買ったPC,
OSはWindows8.1が搭載されていたのだが、
しつこくWindows10にアップデートを勧めてくる
これを拒否して、”しない”にしていたのだが、
最近、かってにアップデートしようとする。
これを見つけると、その都度解除してきたのだ。
昨日、パソコンの電源を切って、食事のため部屋を出たのだけれど
電源が完全に落ちるのは確認していなかった。
食事の途中、部屋を覗くと”なんと”パソコンは起動しており
Windows10をインストールしているではないか
ほんま、”びっくりぽん”や~!!
中止しようかとも思ったが、PCが動かなくなることの恐怖が勝った。
そのままwindows10がインストールされるのを見守るしかなかった。
別にWindows8.1が良かったわけではない。
windows10が嫌いな訳でない。
かってに人のPC に侵入し、勝手に操作することが
気に入らない。
典型的なアメリカ商法である。
お陰でウィルスセキュリティーソフトは消されるし
プリンターなどの機器は
新しいドライバーをインストール仕直すことになるし
プライバシーも丸裸にされた気分

”マイクロソフト”
馬鹿野郎!!
思わず呪わずにはいられませんでした!