So-net無料ブログ作成
検索選択

チュウシャクシギ [野鳥]

GW初日の今日、チュウシャクシギを撮りに行ってきました。
毎年この時期、淀川河川敷にやってくる
チュウシャクシギ
湾曲した嘴に特色があり
他のシギ類と識別しやすく
生物の同定が苦手な僕には
そこが魅力のひとつ
さて、この鳥
地上で採餌するので
上から撮ると
どれも同じ写真になってしまい
しかも奥行き感のない写真になってしまうので
飛翔写真にするか
あるいは
極力、三脚の脚をすぼめ
ローアングルで撮る事が必要です
このようにして生まれるバックスペースに
僕の場合、よく人間を取り込みます。
これは嫌う人も多いのですが
チュウシャクシギの舞い降りる場所が
人が多い場所であり
野鳥といえども、人間とも関わって生きている
ということの
僕なりの表現です。

DSC_7305チュウシャクシギ飛翔trm._fi.jpg


DSC_7302チュウシャクシギ飛翔_fi.jpg


DSC_7303チュウシャクシギ飛翔_fi.jpg


DSC_7304チュウシャクシギ飛翔_fi.jpg


DSC_6932チュウシャクシギ_fi.jpg


DSC_7036チュウシャクシギ_fi.jpg


DSC_7052チュウシャクシギ_fi.jpg


DSC_7086チュウシャクシギ_fi.jpg


DSC_7158チュウシャクシギ_fi.jpg

キビタキとか [野鳥]

シーズンはキビタキの写真
なかなか撮れない。
遠くの方を”ウロチョロ、ウロチョロ”
しかも一ヶ所に”じっと”していない。
キビタキは野鳥撮影を始めるずっと前から
知っている鳥
信州キャンプ場で見たときは
その派手な色彩に
”ここは南洋か!!”と驚いたものだけど
僕にとって、今は
若葉の季節を到来を告げる鳥
河川敷で撮った個体を
思い切りトリミングして掲載

DSC_6129キビタキ♂_fi.jpg


DSC_6139キビタキ♂_fi.jpg


DSC_6148キビタキ♂_fi.jpg

鳥日照りのとき
やっぱり頼りになるのはホオジロ
何回撮っても、撮っても
楽しい

DSC_6206ホオジロ♂_fi.jpg

アオジが藪から出てくるようになった
もう去って行くんだな
ちょっぴり
淋しくなります。

DSC_6219アオジ_fi.jpg

ツグミ [野鳥]

キビタキやオオルリ、ノゴマ、コムクドリといった
旬な鳥を追いかける人は多い。
僕のように
まだ仕事をしていて
その空いた時間で野鳥撮影をしている人間にとって
これが意外に難しい
それで、その時期
いつ行っても
会える鳥、写せる鳥に愛着が湧く
そして、その鳥が余り人気がなく
あるいは、あっても来た当初だけだったりすると
よけい愛着が湧く
情が移る
ツグミも、そういった鳥さんである
冬にはいっぱい溢れているのに
いつの間にか人知れずいなくなるが
そのことが話題になることもない。

DSC_6115ツグミ_fi.jpg


DSC_5975trm.ツグミ羽繕い_f.jpg


DSC_5977trm.ツグミ_f.jpg

地味で中途半端に大きく
可愛くない
でも、いつも相手をしてくれる僕のフォトジェンヌ

DSC_5082トラツグミ_fi.jpg


DSC_5106トラツグミ.jpg


DSC_5162トラツグミ_fi.jpg

その点、トラツグミはやって来た当座は大人気
でも、地を這う鳥の悲しさ
写真にするのが難しく
すぐに飽きられ
忘れ去られてしまう
この写真は10日ほど前に撮ったものだが
カメラマンは誰一人いない

一対一で向き合える鳥さんたち
こんな鳥さんたちが
大好きなんだよね。

雉の母衣打ち [野鳥]

河川敷では初春から初夏にかけて
日本の国鳥”雉”の”母衣打ち(ほろうち)”
が、あちらこちらでみられる。
繁殖期に♂キジがケーン、ケーンと鳴いて激しく羽を打ち鳴らす。
「どどどどっー」という音が聞こえる時もあり
キジ自身もバランスを崩すくらい激しい。
♂の縄張り宣言であると同時に、
♀キジへの求愛を兼ねているらしい。

ところで母衣って何だろう
”ほろ”と読むことは、
有名な庄川にかかる御母衣ダムの
存在で知っていたが
さて母衣の意味は何だろう?
実は恥ずかしながら
”雉の母衣打ち”って
女の人が両手の袖を振っている光景に
例えたものとばかり思っていた。

この年になると
あやふやな知識を
吹聴すると
”知ったかぶり”と揶揄されるのが普通
あまり常識というものがなく
子供の頃から文科系科目が
大の苦手の私も
ーここは辞書でも引いてと
早速調べてみると

(鎧(よろい)の背につける幅広の布。流れ矢を防ぎ,また,旗指物の一種としても用いられた。平安時代には単に背に垂らし,時に下端を腰に結んだが,のちには竹籠(たけかご)を入れた袋状のものとなった。 )

え~、思っていたのと全然違うやん!
調べといてよかった。
また恥じかくとこやった。
と、
胸なでおろす私でした。

DSC_5829母衣打ち_fi.jpg


DSC_5832母衣打ち_fi.jpg


DSC_5833雉母衣打ち_fi.jpg


DSC_5834母衣打ち_fi.jpg


DSC_5852母衣打ち_fi.jpg


DSC_5852雉母衣打ち_fi.jpg


DSC_5897雉母衣打ちtrm._fi.jpg


DSC_5898雉母衣打ちtrm._fi.jpg


DSC_5904雉母衣打ちtrm._f.jpg

はるうらら [野鳥]

先日、NHKテレビの番組”仕事の流儀「独り、山の王者に挑む~猟師・久保俊治~」”を見た
一対一で”命のやりとり”をしている人間の
言葉は深い
安易に”愛”なんていう言葉を使う人間の
薄っぺらい言葉とは違う
自然への畏敬の念
生き物への畏敬の念が
伝わってくる

ネイチャー系の写真を撮ることを
趣味としている人間の多くは
もちろん僕自身もそうなんだけれど
彼のように
自分自身にそのことの意味
生きることの意味を問いかける
事は多くない

なぜ僕はネイチャー系の写真を撮るのだろう
もちろん分かっているのだけれど
その底の浅さを
見透かされたようで
口にしたくない
年齢を重ねても
熟さない
未熟でなく
不塾である
その恥ずかしさを
胸のうちに
隠して
野鳥撮影
出かけてきました。


DSC_5516コジュケイ_fi.jpg

コジュケイ

DSC_5559シジュウカラ_fi.jpg

シジュウカラ

DSC_5587尾羽レスヒヨドリ_fi.jpg

ヒヨドリ

尾羽のないヒヨドリ、自然界において体にハンディーキャップを背負って生きることは
並大抵のことでない
頑張って生きろよ!! 思わず呟きました

DSC_5669キビタキ♂_fi.jpg

キビタキ

春うらら [野鳥]

土手の芥子菜に
ノビタキもセッカも居なかったけれど
ホオジロが歌声を響かせていました。

DSC_5215ホオジロ_fi.jpg

田圃ではケリが

DSC_5241ケリ_fi.jpg

あちらこちらで雉が

DSC_5181trm.雉_fi.jpg

コジュケイも出てきて歌を歌っていました。

DSC_5303コジュケイ.jpg


DSC_5371コジュケイ_fi.jpg


のどかな春の日です。

ノビタキ見つからねど、春うらら [野鳥]

芥子菜咲く、淀川堤防に
ノビタキを探したけれど
姿なし・・・・
それでも心地よい
ぽかぽか陽気に
春を体感した
日であった。

こんな日は、まもなく去っていく
鳥たちが愛おしい

DSC_4740シロハラ_fi.jpg

シロハラ

DSC_4781ハチジョウツグミ_fi.jpg

ハチジョウツグミ

シベリアへは、いつ帰っていくのかな~
まだ寒いだろうな

DSC_4833バン_fi.jpg

バン

君は留鳥だっけ
このところ、同じ仲間のオオバンが増えたけど
争いごとはないのかな~

DSC_4929ウグイス_fi.jpg

DSC_4955ウグイス_f.jpg

DSC_5001ウグイス_fi.jpg

春うらら
早春のウグイスも好いけれど
他の季節のウグイスも好いけれど
春爛漫のこの季節
わが世の春を誇るがごとく
愛の歌を高らかに
歌う姿が
かっこいい

よ~、お・と・こ・ま・え!!